水抜き剤で塗装落とし その2

「塗装を、車の燃料タンクに入れる水抜き剤で落とす。」
の続きです。
やっぱり「やってみなくちゃわからない!」
物事、思い通りには行かないようです。



漬け込んでから、約24時間。
見た目に変化はありませんでした、劇的な変化を期待していたので、少々がっかり。
ピンセットでコリコリ引掻くと、下の写真のように塗装が剥がれました。
塗装を落としてみよう
↑日焼けの後の皮膚のよう
塗膜は弱くなっているようです。
ただこの生贄は、シルバー塗装の上にクリアグリーンでオーバーコートされている(ひょっとすると、その上にクリアーでコートされている?)物なので、シルバーの塗装はまだ剥がし辛いです。
この状態で再度漬け込みました。
あまり変化が無かったので生贄の追加です。
塗装を落としてみよう
↑三国伝の「真龍装劉備ガンダム」の肩鎧
プラスチック用接着剤で接着後、サーフェイサーを吹かずに、水性塗料のファレフォを筆でペタペタ塗ったものです。
接着部やパーツにクラックが入らないか見て行こうと思います。
昨日の更新の後で、シャイニングブレイドって今どうなってるんだろうと思い、
「アトリエ彩」のホームページを覗いてみました。
「え?」公式ホームページなのか確認してしまいました。
http://www.atsai.co.jp/↑でいいんですよね?(間違っていたらご指摘ください)
2316番でした。
関連記事
水抜き剤で塗装落とし その1
水抜き剤で塗装落とし その2
水抜き剤で塗装落とし その3
水抜き剤で塗装落とし その4
水抜き剤で塗装落とし その5
水抜き剤で塗装落とし その6
水抜き剤で塗装落とし その7
下記の2つのサイトに登録しました。
模型関係のブログを見て回るとき便利です。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ人気ブログランキングへ


コメント

このブログの人気の投稿

第19回全日本オラザク選手権 大賞受賞しました。

2017年製作まとめ

RE/100 ディジェ その1