Hi-ν ガンダム Ver.Ka その10



ファンネル全ての薄型加工を終えたらお腹いっぱいになっちゃいました。
Hi-νにチョット飽きてきたので目先を変えて台座の工作をしてみました。


まずはイラストレーターでそれっぽいパターンを作図。
ユニコーンマークは検索画像からトレス。


Hi-ν

ステカ(カッティングプロッター)で0.3ミリプラ板をカット。

スミマセン、カット直後の撮影忘れました。

完全に切れるわけではないので、デザインナイフで切り抜き。
Gレコの1-2話を見ながら慎重に切り出しました。

0.5ミリプラ板と合わせて

完成!


Hi-ν

プラ板が透けてますが、サフ吹いて塗装すれば問題なし

写真撮って気づいたけどマーク余白がチョットずれてる(>_<)

Hi-ν

裏側はこんな感じ

Hi-ν

側面は1ミリプラ板、天板は0.5+0.3で0.8ミリ

天板が薄いのでフォトフレームとプラ材で補強してます。
買ったけど使い道の無かったタミヤL形棒が役に立ちました。

天板が薄いのは上の画像に出てますが、ネオジム磁石を仕込むため。
磁気の通りを良くするために出来るだけ薄くしました。
ダイソーの大きい方のネオジム磁石を使用してます。

これでHi-νのつま先に仕込んだ磁石とくっつきます。
以前いにつま先に仕込んだのはダイソーのピン型ネオジム磁石から取り出した物です。

さすがに第2形態は無理ですが、HWS装備でもなんとか自立できます。
ファンネルを薄くした効果も!…あるよね?

Hi-ν ガンダム Ver.Ka

Hi-ν ガンダム Ver.Ka

Hi-ν ガンダム Ver.Ka

Hi-ν ガンダム Ver.Ka


自立しますがやっぱり不安定なので支柱と併用した方が良さそうです。

では


にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へプラモ・模型ブログランキング






コメント

このブログの人気の投稿

第19回全日本オラザク選手権 大賞受賞しました。

RE/100 ディジェ その1

2017年製作まとめ